鈴木雅のボディビル経歴や成績まとめ!トレーニング方法や食事メニューがヤバい!

どうも。シュウです!

実はプロ野球の巨人軍が2月のキャンプにボディビルダーを臨時コーチとして呼ぶことがファンの間で話題になっているんです。

そのボディビルダーこそ今回リサーチするボディビル界のレジェンド、鈴木雅さんです!

ボディビルダーとしての経歴成績、さらには美しい筋肉を作るためのトレーニング方法食事メニューについても調べちゃいます。

あの巨人がコーチにしたくなるほどの人材・・・・・・

要チェックです!

そんじゃいってみましょう^_^

スポンサーリンク

 

鈴木雅のボディビル経歴やプロフィール

 

 

こちらの写真、ものすごい筋肉ですね・・・。

おどろきとしか言いようがありません。

写真が撮られた当時は全日本5連覇ということですが、この後さらにすごいことをしちゃってます。

というわけで鈴木雅さんのプロフィールと経歴をご紹介!

 

■プロフィール

氏名 鈴木 雅(すずき まさし)
愛称 ゴールデン・ボーイ
生年月日 1980年12月4日(40歳)
出身 福島県福島市
身長 167cm
体重 80 ~ 83kg
体脂肪率 5~10%
胸囲 120cm( 最大胸囲125cm)
腹囲 72cm
大腿 72cm
カーフ(ふくらはぎ) 40cm
上腕囲 47.5cm(パンプ51cm)
所属 株式会社THINKフィットネス(ゴールドジム)

 

■経歴

  • 高校時代
    • 野球部の補強トレーニングとしてベンチプレスやワンハンドロウ、ランジを行っていた。
    • 当時は身体が細くて体重は48㎏しかなかったがNEのバーベルセットでトレーニングしはじめたら、腹筋が割れ、体重は60㎏くらい増えた
  • 大学時代
    • サークル活動で野球をやっていた
    • 大学3年で『多摩ジム』に入会
    • きっかけは、いいなと思っていた女の子が「たくましい男性が好き」と言っているのを聞いたこと
    • バーベルカールは110㎏、デッドリフトやフルスクワットは260㎏を持っていた
    • 卒業の少し前からボディビルを始めた。(※それまでは単にトレーニングをしていただけ)
  • 大学卒業後
    • 株式会社THINKフィットネスに入社し、本格的にボディビルを始めた

 

野球経験がありボディビルダーとして筋肉を知り尽くしている鈴木雅さんだからこそ、巨人軍に呼ばれたわけですね!

 

鈴木雅のボディビル成績

 

しかーし!それだけでは巨人からオファーが来るわけがありません!

鈴木雅さんは、そのボディビルで数々の素晴らしい成績を収めてきたのです!

ボディビルの主な成績

2005年 東京ボディビル選手権優勝(24歳)
2007年、2008年 東アジアボディビル選手権85kg 級優勝
2009年 ワールドゲームズボディビル80kg級 3位
2010年 (29歳)~ 2018年(38歳) 日本ボディビル選手権 9連覇
2014年 アーノルドアマチュアボディビル選手権80kg級 3位
2015年 IFBB 世界ボディビル選手権大会80kg級 3位
2016年 アーノルド・クラシック・アマチュア男子ボディビル80㎏級優勝

 

ひゃ~!日本ボディビル選手権9連覇だけじゃなく、世界で活躍しているんですね。

これはレジェンドと言われるだけありますね~。

巨人がオファーを出すのも納得です。

 

鈴木雅のトレーニング方法

 

鈴木雅さんは一体どんなトレーニングをして、このようなすごい成績をおさめるほどの筋肉を手に入れたのでしょう?

鈴木雅さんは、『分割法』というトレーニングの方法を使っているそうです。

『分割法』というのは、身体を胸・背中・脚・肩・腕などの部位に分けて、一回のトレーニングで身体の一部だけをトレーニングをし、何回かに分けて全身のトレーニングを行うことなんです。

この『分割法』のトレーニングについて、鈴木雅さんはかつて雑誌のインタビューでこのように答えています。
(引用元:https://physiqueonline.jp/fitness/page1423.html

 

4分割です。背中、肩・三頭、脚、胸・二頭。背中と脚の日を離すことで腰に負担をかけませんし、肩と胸を離し、三頭と胸を離すことでそれぞれ力がしっかり出ます。力が出せないのがいちばんイヤなので、“トレーニングをする”というノルマよりも“力が出せる”ことが条件でした。

 

さらに、鈴木雅さんは理論をとても大事にされています。

 

ただ重いのを挙げるのではなく“しっかり伸ばして縮ませて、を繰り返しながら重さを持つ”ことを理論的に勉強しました。

 

何となく頑張るのではなく、目的意識をもって理論的にトレーニングをするんですね~。

 

ハムストリングスは遺伝的要素の強い部位といわれていますし、もともと自分には本当にありませんでした。だからやみくもにやっても効果が出ないだろう、と解剖学的に理解してトレーニングしてみたら良くなったんです。

 

ボディビルダーというと、ただひたすらに筋トレに励んでいるイメージでしたが、筋肉をはじめとした体のことをとてもよく勉強しているのですね!

トレーニングの量については以下のように答えています。

 

メインセットは3セットですね。各種目軽めでアップを1~2セット、そこにプラス3セットという感じです。

 

何度も何度もやるより、鍛えたい部分をピンポイントで効率よくやることが大事なんだそう!

その為にも目的と理論が大切なのですね。

だんだかボディビルのイメージが変わりそう!

とはいえ、素人の私には想像できないほどの量を実はやっているんです。

鈴木雅さんは、脚のトレーニングメニューを聞かれた際にこう答えています。

 

シーテッドカーフ、インナーサイ、アウターサイ、レッグエクステンション、レッグプレス、スミスマシンスクワット、スクワット、軽めでアップテンポでのハックスクワット、レッグエクステンション、レッグカール、スタンディングレッグカール、スミスマシンランジ、ルーマニアンデッドリフト、バックエクステンションを2時間くらいかけてやります。

 

メニューの多さにもおどろきですが、2時間も筋トレを続けるってヤバいです・・・。

あれだけの肉体を手に入れるには量は必要です!

 

鈴木雅の食事メニューは?

 

鈴木雅さんは、大会などを控えた”オン”と、大会などがない”オフ”の体重差がないと言われています。

食事のメニューはどのようにしているのでしょうか?

筋肉をつけるうえで特に重要な栄養素について、鈴木雅さんのとり方をまとめてみました~。

 

■鈴木雅さんの栄養素のとり方メニュー

タンパク質 玉子、魚、牛肉、鶏肉、豚肉など
脂質 豆類、玉子、魚の油、オイル類
炭水化物 おにぎりや白米から ※小麦物はあまりとらない

 

3食はしっかり固形物でとって、間食にプロテインを利用しているそうですよ。

朝・昼・晩の食事に関しては以下のようにお話しています。

 

■鈴木雅さんの1日の食事例

米を500gくらい、魚

※野菜や汁物、納豆はあまり食べない

・鶏の胸肉、玉子、野菜類、米が500~600g

・仕事前にコンビニのおにぎりを4つくらいとプロテイン

牛肉と白米

 

食事に関してはシンプルなんですね~。

さらに、コンテスト前など体重を落としたい時の管理については以下のように話しています。

 

基本的に同じで、お菓子をやめます。体重が落ちなくなったら夜の炭水化物を半分にしますが、そのぶんを朝に持っていきます。1日の摂取カロリーは変えません。時間帯を変えてカロリーを変えない減量です。

減らないのは代謝が落ちているからなので、代謝を戻すことを繰り返せばいいじゃん、と思います。体重が落ちなければ時間帯を変えて、なるべく脂肪がつかないときに炭水化物を食べるなり、余計なものを食べなければいいんですよ。

 

これはダイエットをがんばっている人にも大切な考え方かもしれませんね。

スポンサーリンク

鈴木雅のボディビル画像がヤバい!

 

筋トレもダイエットも、どんな自分になりたいかのゴールイメージを持ってやることが大事だといいます。

そこで最後は、鈴木雅さんの素晴らしい画像集をお届けします。

こんな体になれると思ってがんばりましょう!

 

 

全身筋肉の鎧でおおわれてます!

巨人の選手たちもこんな風になるのでしょうか(笑)

 

 

肩や腕の筋肉がすごい!

 

 

ポーズも決まっていますね~。

 

 

海外でも堂々としているかっこいい姿!

 

 

背中の筋肉もすごい!

 

 

全身の血管が浮き出てます!!

 

 

本当に美しい体ですね。造りものに見えてきます(笑)

 

まとめ

 

というわけで今回は、ボディビル界のレジェンドと呼ばれている鈴木雅さんについてリサーチしました。

すごい筋肉でしたね!

まとめると、

  • 鈴木雅さんは日本ボディビル選手権 9連覇などの輝かしい実績を持つボディビルダー
  • 高校時代から筋トレを始め、本格的にボディビルを始めたのは大学卒業頃
  • 『分割法』を取り入れ、体を4分割して集中的に鍛えている
  • 目的と理論を大切にしたトレーニングを行っている
  • 3食とプロテインで栄養管理。摂取カロリーは変えない。

以上の情報を参考に、筋トレやダイエットをがんばってみましょう!

以上、シュウでした!あいばね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です